2020年 7月 全国水害の被災者の皆さんにお見舞い申し上げます

日本各地で大雨・洪水で被災された方に、心よりお見舞いと義捐金をしたいと思います。

お寺のある兵庫県の播磨北西部地域では2009年8月9日に台風9号の接近にともない線状降水帯が発生し、佐用町から宍粟市北部に大雨をもたらしました。檀家さんの家も床上浸水となり、大変な思いをされました。今回の人吉市の映像を見ると多くのことが呼び起こされます。
人吉市は球磨川と共存してきた街です。夏には球磨川の大鮎を売りに食べ物屋さんや旅館が人気なところです。
被災された名物居酒屋のご夫婦は「もうお店を閉めます。復興するだけの力がありません。」と泥まみれの店の片付けをされ「綺麗にしてお店を返さないとね~」とお店への愛着がにじみ出ていました。近所の人が「お位牌見つかったよ。あそこの玄関先にあるよ。」と泥に汚れた繰り出し位牌を手にとって「良かった~ご先祖に申し訳ないからね。」と汗をぬぐいながら目頭を押さえられました。
今夏の梅雨は異常な線状降水帯が発生したと気象庁は発表しました。復興には時間がかかります。熱い日差しとの闘いが待っています。
遠くから被災された皆さん、復興に手を貸されているボランテイアの皆さんの健康を祈って経を読みお釈迦様・日蓮聖人のご加護を願うばかりです。

2020年7月15日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩

新型コロナウィルス

新たなウィルスの出現に世界が戸惑っています。侮っていたのでしょう。

世界経済がウィルスに冒されています。ここまで影響があるとは世界の指導者も思っていなかったでしょう。

この想定外の出来事で、日本の危機対応策の無さが表面化しました。もっと危機管理が出来ていると思っていたのですが・・

マニュアル文化にもかかわらず、マニュアルがしっかり出来ていなかったのでしょうか。

日本のブレーンはもっと先読み出来ていると思っていたのですが、残念な結果です。

首相の思いつき政策でなにやら日本の薄っぺらな組織が見えてしまいました。

頭の良い政策担当ブレーンが見えてきません。

ぼやきはこのくらいにして、災い転じて福と成す。今回の出来事から国としてどう成長するか・・目先の選挙や支持率回復など出たとこ勝負では無い、日本の目指すべき進路を見いだしてほしいものです。

2020年3月7日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩

巣立ちの春

3月下旬、山崎も桜が開き始めました。

末娘が大学へ進学の為、名古屋へ。

長男は名古屋の大学院を卒業し、飛行機会社就職の為に東京へ。

次男は横浜の大学であと二年。

我が家は新婚当時の二人に。(その時は父がいましたから三人でした。)

家の変化を感じています。

 

2019年3月29日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩

呉市でお葬式。そして歴史探訪

DSC_0343

広島県呉市に行ってきました。

お葬式を執り行いました。

この地域は「安芸念仏」といって浄土真宗の多いところだそうです。

村上水軍の影響でしょうか。

海上自衛隊の基地があるとはいうものの、穏やかな良い町でした。

江田島の海軍兵学校跡にも車を走らせ見学してきました。

海軍カレーを食べてきました。

2018年12月28日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩

ハロウィン

ハロウィンが仮装大会になっていますね。

田舎に住んでいると別世界です。ハロウィンが日本のお盆と同じ先祖供養という北欧の行事だそうですね。

子供中心の行事から日本では若者の仮装大会になって羽目を外すことになりました。

そういえば盆踊りでもお面をかぶって派手に踊る若者もいましたね。それは踊りの輪の中でのことでした。

仮面をかぶって日頃の自分とは違う面を演ずる日なのでしょう。役者の面白さに通じるのかもしれませんね。

迷惑を掛けずに演じてもらいたいな~

2018年10月31日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩

厳しかった冬を思う

今年の冬は寒さ(冷え込み)がズ~ッと続いたことですね。例年なら冷え込みがあっても一週間くらいで気温が上がりました。今年は冷たい空気が居続けました。宍粟市の山間部にある音水湖が全面結氷しました。2月の中旬にその氷の上を男性が歩いていました。大丈夫?と思いながら見ていましたが、何事もなく岸に上がり見ている方が冷や冷や。このあたりでは氷点下15度くらいの冷え込みが連日続いたそうです。

その寒さの中、紅梅の花芽が膨らんだかと思うと咲き始め、春近しを感じ、心が少し暖かくなりました。

2018年3月1日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩

熱中症

暑い中のお盆棚経となりました。

連日檀家さんの家を周り、お経をあげましたが、終盤疲れが取れません。

特に足がとてもだるい。横になっても取れません。

友達の医者に電話。症状を伝えると「熱中症」

「すぐ来い。点滴しよう。」点滴で足は軽くなったものの、

肝臓機能の低下もありました。少し養生期間となりました。

2017年8月25日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩

韓国の情勢に思う

パク クネ大統領の弾劾が国会を通過しました。国民の憤りが国会議員にも伝わったのでしょう。弾劾が可決した日のニュースを見て一人の韓国人が涙を流しインタビューに答えていました。「私たちの願いが叶って嬉しいです。」と叫んだ。この人の涙は何だろう・・と思っていた時の叫びでした。

この叫びは私の思いと違っていました。大統領がチェ スンシルに気を許し、大統領としての道義を逸脱した罪は大きいのですが、国民としてこの様な大統領を選んだことに情けない・・という感情が無かったことです。

「この様な大統領を選出したことが情けなく、また、この様に弾劾せざるを得ないことが国民として辛い・・」と、私は考えてしまいます。韓国のお祭り騒ぎに理解に苦しむのです。

国民の一票の責任はどこにあるのでしょうか。

2016年12月10日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩

鳥取地震お見舞い申し上げます。

地震が起こった時に、兵庫県と鳥取県の県境の宍粟市千種町の中学校体育館にいました。

大きく揺れ、山崎断層かと思ったのです。携帯を見ると鳥取で地震警報の知らせ。

急いで山崎町の自宅へ。TVでその被害状況が映し出されていました。

日を追うごとに家屋被害が拡大しています。避難を余儀なくされている方もおられます。

一刻も早く、応急修理が出来て、我が家で手足を伸ばし横になってもらえることを願います。

2016年10月30日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩

お盆棚経

檀家のお家を棚経でお参りします。お経の後色々な近況が話されます。

認知症の方が増えてきました。お世話される家族にとって多くの不安があります。

認知症といっても様々な症状があります。

ご苦労の方が多いのですが、その中で喜びもあると話されます。

「世話してくれてありがとう。」の言葉が安らぎになるといわれます。

その後に「親切な介護士さんやね。」に、またチョット落ち込むともいわれます。

同じ境遇の家族は多いのです。

お世話の中で、色々な事を学ばれていると思います。

それを乗り越えた時、人の辛さが分かる感受性(佛心)が育まれる功徳があるのです。

 

2016年8月12日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩