2020年 7月 全国水害の被災者の皆さんにお見舞い申し上げます

日本各地で大雨・洪水で被災された方に、心よりお見舞いと義捐金をしたいと思います。

お寺のある兵庫県の播磨北西部地域では2009年8月9日に台風9号の接近にともない線状降水帯が発生し、佐用町から宍粟市北部に大雨をもたらしました。檀家さんの家も床上浸水となり、大変な思いをされました。今回の人吉市の映像を見ると多くのことが呼び起こされます。
人吉市は球磨川と共存してきた街です。夏には球磨川の大鮎を売りに食べ物屋さんや旅館が人気なところです。
被災された名物居酒屋のご夫婦は「もうお店を閉めます。復興するだけの力がありません。」と泥まみれの店の片付けをされ「綺麗にしてお店を返さないとね~」とお店への愛着がにじみ出ていました。近所の人が「お位牌見つかったよ。あそこの玄関先にあるよ。」と泥に汚れた繰り出し位牌を手にとって「良かった~ご先祖に申し訳ないからね。」と汗をぬぐいながら目頭を押さえられました。
今夏の梅雨は異常な線状降水帯が発生したと気象庁は発表しました。復興には時間がかかります。熱い日差しとの闘いが待っています。
遠くから被災された皆さん、復興に手を貸されているボランテイアの皆さんの健康を祈って経を読みお釈迦様・日蓮聖人のご加護を願うばかりです。

2020年7月15日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩