長崎へ日帰り

DSC03860

長崎は神戸以上に坂の多い町ですね。住宅も山の斜面上って建てられています。

写真は高台の家の庭からの眺望です。素晴らしいでしょ・・。

小生が高校教師として最初に赴任した東神戸高校の教え子の家の眺望なのです。

一番弟子(教え子)と言えます。

その彼が11月20日亡くなりました。ようやくお参りに1ト月遅れで行くことが出来ました。彼の娘さんが迎えてくれました。

気丈に振る舞って、父の最期の話をしてくれました。7年前に教え子は妻をガンで亡くしています。仕事も順調、子供たちも自立し、娘はまもなく結婚するという矢先の自死だったのです。

妻を亡くした彼は、寂しかったのですが誰にも心の内を明かすことなく、子供たちに「お母さんに会いに行く」という電話を残し旅立ちました。二人の子供も兄弟も友達にも思いもよらない突然の出来事でした。

死ぬことの恐怖より、妻に会いたいという思いが強かったとしか思わざるをえません。

人の思いは、決してわかるものではないのですね。わかっているように思っているだけかもしれません。

2015年12月22日 | カテゴリー : 住職より | 投稿者 : (管理者)大岩