住職より -思いと活動-

住職の思い

 
住職

妙勝寺住職の大岩淸人と申します。 妙勝寺ホームページをご覧頂き有り難うございます。

 「お坊さんの修行は大変なんでしょう?」と尋ねられます。 「お坊さんの修行は毎日の生活そのものが修行です。皆さんも毎日の生活を通して、色々と経験されるでしょう。皆さんも人生修行されているんです。」

 佛道修行と人生修行の違いは何でしょうか・・。

  お釈迦様は、29歳で出家されました。シャカ族の王子という恵まれた生活を自らお捨てになり、皆さんの施し(布施)で生活するという乞食の生活をされたのです。 その中で、皆さんの心の温かさや人生修行で培われた智慧を感じられたと思います。 皆さんが心と智慧をもっておられるのに、どうして欲にかられ、日々悩んだり、動揺したりと不安な毎日を送られるのだろうか・・。と 日々を穏やかに生きる教えを説かれたのです。 それがお経です。

 お経の教え(一語・一節)に従って生きるのが佛道。 単に、生きるのが人生です。

 私たちの幸せは何だろうか?と考えた時、自分の願いが成就した時もさることながら、人が喜んでくれることで幸せだな~と思います。私たちは人を喜ばせ、幸せにするために生まれてきたといえます。人を喜ばせ、幸せにすることを菩薩行といいます。つまり、お経の教えに従って生きる(佛道)ということは菩薩行なのです。

 佛道と人生の違いはこの思いがあるか無いかです。

 生活を通して、色々なことを感じます。 感性を育み、感受性を培いたいと思います。 感受性を「佛心」と言い換えることが出来るでしょう。 「佛心」は「慈悲の心」です。

 人間社会に生きる上で、様々なことがあります。 こんな人がおられるんだ・・。すごいな~・残念だな~。 人は鏡です。

 ありきたりで淡々とした生活に幸せを感じられたら良いなと思います。

 いつも幸せ探しの生活(修行)です。

住職の活動

お釈迦様の教え・佛事を少しでも理解してもらおうという姿勢で活動しています。

詳しくは、妙勝寺通信「法の光」・ブログをご覧下さい。

 

【住職より】

2019年3月29日
巣立ちの春

3月下旬、山崎も桜が開き始めました。 末娘が大学へ進学の為、名古屋へ。 長男は名古屋の大学院を卒業し、飛行機会社就職の為に東京へ。 次男は横浜の大学であと二年。 我が家は新婚当時の二人に。(その時は父がいましたから三人でした。) 家の変化を感じています。  

2018年12月28日
呉市でお葬式。そして歴史探訪

DSC_0343 広島県呉市に行ってきました。 お葬式を執り行いました。 この地域は「安芸念仏」といって浄土真宗の多いところだそうです。 村上水軍の影響でしょうか。 海上自衛隊の基地があるとはいうものの、穏やかな良い町でした。 江田島の海軍兵学校跡にも車を走らせ見学してきました。 海軍カレーを食べてきました。

2018年10月31日
ハロウィン

ハロウィンが仮装大会になっていますね。 田舎に住んでいると別世界です。ハロウィンが日本のお盆と同じ先祖供養という北欧の行事だそうですね。 子供中心の行事から日本では若者の仮装大会になって羽目を外すことになりました。 そういえば盆踊りでもお面をかぶって派手に踊る若者もいましたね。それは踊りの輪の中でのことでした。 仮面をかぶって日頃の自分とは違う面を演ずる日なのでしょう。役者の面白さに通じるのかもしれませんね。 迷惑を掛けずに演じてもらいたいな~

2018年3月1日
厳しかった冬を思う

今年の冬は寒さ(冷え込み)がズ~ッと続いたことですね。例年なら冷え込みがあっても一週間くらいで気温が上がりました。今年は冷たい空気が居続けました。宍粟市の山間部にある音水湖が全面結氷しました。2月の中旬にその氷の上を男性が歩いていました。大丈夫?と思いながら見ていましたが、何事もなく岸に上がり見ている方が冷や冷や。このあたりでは氷点下15度くらいの冷え込みが連日続いたそうです。 その寒さの中、紅梅の花芽が膨らんだかと思うと咲き始め、春近しを感じ、心が少し暖かくなりました。

2017年8月25日
熱中症

暑い中のお盆棚経となりました。 連日檀家さんの家を周り、お経をあげましたが、終盤疲れが取れません。 特に足がとてもだるい。横になっても取れません。 友達の医者に電話。症状を伝えると「熱中症」 「すぐ来い。点滴しよう。」点滴で足は軽くなったものの、 肝臓機能の低下もありました。少し養生期間となりました。

2016年12月10日
韓国の情勢に思う

パク クネ大統領の弾劾が国会を通過しました。国民の憤りが国会議員にも伝わったのでしょう。弾劾が可決した日のニュースを見て一人の韓国人が涙を流しインタビューに答えていました。「私たちの願いが叶って嬉しいです。」と叫んだ。この人の涙は何だろう・・と思っていた時の叫びでした。 この叫びは私の思いと違っていました。大統領がチェ スンシルに気を許し、大統領としての道義を逸脱した罪は大きいのですが、国民としてこの様な大統領を選んだことに情けない・・という感情が無かったことです。 「この様な大統領を選出したことが情けなく、また、この様に弾劾せざるを得ないことが国民として辛い・・」と、私は考えてしまいます。韓国のお祭り騒ぎに理解に苦しむのです。 国民の一票の責任はどこにあるのでしょうか。

2016年10月30日
鳥取地震お見舞い申し上げます。

地震が起こった時に、兵庫県と鳥取県の県境の宍粟市千種町の中学校体育館にいました。 大きく揺れ、山崎断層かと思ったのです。携帯を見ると鳥取で地震警報の知らせ。 急いで山崎町の自宅へ。TVでその被害状況が映し出されていました。 日を追うごとに家屋被害が拡大しています。避難を余儀なくされている方もおられます。 一刻も早く、応急修理が出来て、我が家で手足を伸ばし横になってもらえることを願います。

2016年8月12日
お盆棚経

檀家のお家を棚経でお参りします。お経の後色々な近況が話されます。 認知症の方が増えてきました。お世話される家族にとって多くの不安があります。 認知症といっても様々な症状があります。 ご苦労の方が多いのですが、その中で喜びもあると話されます。 「世話してくれてありがとう。」の言葉が安らぎになるといわれます。 その後に「親切な介護士さんやね。」に、またチョット落ち込むともいわれます。 同じ境遇の家族は多いのです。 お世話の中で、色々な事を学ばれていると思います。 それを乗り越えた時、人の辛さが分かる感受性(佛心)が育まれる功徳があるのです。  

2016年7月27日
お盆月を迎えます

まもなくお盆の棚経が始まります。 遠方の方とは、一年に一度のお参りの日です。 と同時に、色々お話をし、近況がわかる日です。 大変ですが、楽しみでもあります。

2016年4月26日
熊本地震 被災者の方にお見舞い

大変な被害が出たことに、20年前の阪神大震災を思い起こさせました。 阪神大震災と同じ規模の地震が2度おそったことになります。 加藤清正が築城し、威風堂々と400年の間そびえてきましたが、残念な姿になっています。 加藤清正公の墓所・本妙寺を始め多くの日蓮宗寺院、そして檀信徒の方に多大な被害が生じていることに、心よりお見舞い申し上げます。 妙勝寺としてわずかでも力になれればと義捐金をつのり、支援をさせて頂こうと思います。 よろしくお願い致します。 送金に付きましては、「法の光197-2」をご覧下さい。

2015年12月27日
青天の霹靂(へきれき)

同級生の友達が脳内出血で突然亡くなりました。訃報を聞いて「本間か~」と驚きました。 価値を共有出来る世界から旅立ったのです。 同級生の仲間でお悔やみに行き、お経を上げました。 眠るが如く横たわる姿は、呼びかければ答えるが如くです。 しかし、答えは返ってきません。 コミュニケーション出来ない事が現実です。 生きていることは価値を共有出来ることです。それはコミュニケーションです。 その夜の弔い酒はことのほか五臓六腑に染み渡りました。 彼と一献出来ない思いと生きている事の素晴らしさを彼は伝えてくれました。 彼とのこれまでの世界を背負って生きようと思います。  

2015年12月22日
長崎へ日帰り

DSC03860 長崎は神戸以上に坂の多い町ですね。住宅も山の斜面上って建てられています。 写真は高台の家の庭からの眺望です。素晴らしいでしょ・・。 小生が高校教師として最初に赴任した東神戸高校の教え子の家の眺望なのです。 一番弟子(教え子)と言えます。 その彼が11月20日亡くなりました。ようやくお参りに1ト月遅れで行くことが出来ました。彼の娘さんが迎えてくれました。 気丈に振る舞って、父の最期の話をしてくれました。7年前に教え子は妻をガンで亡くしています。仕事も順調、子供たちも自立し、娘はまもなく結婚するという矢先の自死だったのです。 妻を亡くした彼は、寂しかったのですが誰にも心の内を明かすことなく、子供たちに「お母さんに会いに行く」という電話を残し旅立ちました。二人の子供も兄弟も友達にも思いもよらない突然の出来事でした。 死ぬことの恐怖より、妻に会いたいという思いが強かったとしか思わざるをえません。 人の思いは、決してわかるものではないのですね。わかっているように思っているだけかもしれません。